10月6日に初のオフ会「黒留袖の会」を行います!

折って広げるだけ!帯の雰囲気がガラっと変わる幅だしのコツ

着物雑誌のモデルさんや女優さんの着物姿って、ため息がでるほど美しいですよね・・・♪

「自分の着物姿を見たとき、なんか物足りない・・・」

そんな方には「幅だし」がオススメです!

ちょっと工夫するだけなのに、かなり見栄えが変わります。

 

実は、着付け師たちは、訪問着や留袖の着付けをするとき、この「幅だし」を必ずといっていいほどやっています。着物を着る人の身長にもよりますが、「幅だし」をすると着物姿がサマになるからです。

Twitterでも以前、サマになる着付けのポイントをご紹介しました。

【街でよく見るもったいない着付け】
高身長さんの場合

  • 衿が詰まっている→喉のくぼみから1cm開けよう
  • 帯揚げ→うっすら出す
  • 帯幅がせまい→幅だしして
  • 帯が上すぎる→前だけ下げて
  • 裾が広がっている→下前を上げる
  • 裾が短い→足袋が見えない床すれすれがベスポジ

 

  • 「背が高くて帯のバランスが難しい」
  • 「粋になりたい」

そんな方には幅出しがオススメ!前の帯幅を広くするだけで垢抜けるよ

  • わざと一巻目と二巻目をずらす
  • 斜めにずらすと粋な雰囲気に

 

このツイートでは、「ずらす」幅だしのやり方を説明しているのですが、幅だしにはもう一つ「折る」やりかたがあるんです。

ということで、この記事では、「折って広げる幅だしのコツ」について初心者さんにも分かりやすいようにご説明します。

 

この記事を読むべき人
  • 背が高くて、身長に占める帯の割合が少なくバランスが悪いと感じている人
  • 着物を着ると太って見えるのが嫌な人
  • 帯をかっこよく締めたい人
  • お気に入りの着物と帯を、より素敵に着こなしたい人
  • 訪問着や留袖、振袖などフォーマル着物を着る予定がある人

 

折る幅だしができる帯って?

お持ちの帯が「折るのに適しているかどうか」が不安な方は、始めにご確認くださいませ。

幅だしには2つの方法があります。

ずらす方法

(詳しくはこちら▶「帯幅が細すぎる?帯をズラすだけの簡単幅出しのやり方

折る方法

この記事で説明します。

この記事では折る方法を、わかりやすく解説しています。

 

折る幅だしが適している帯は以下の4つ。

  • 袋帯
  • 京袋帯
  • 胴巻き部分が半分に縫われていない名古屋帯(開き仕立て・松葉仕立て)
  • 八寸名古屋帯

つまり、胴巻き部分が半分に縫われていない帯が折るのに適しています。

自分で折りながら胴に巻くタイプの帯なら、「折る幅だし」ができます♪

 

帯幅は半分に折らずに広く折る

では実際に、「折る」幅だしの手順をご説明します。

  • 手順1
    ①帯を一巻きする

    まずはいつも通りに、帯を胴に一巻きします。

  • 手順2
    二巻目は外側を広く折る

    帯の二巻目がポイント!

    帯幅が半分になるように折るのではなく、外側が広くなるように差をつけて折ります。

     

  • 手順3
    帯板を入れる

    帯板を入れるとこんな感じになります。

  • finish!
    帯幅が広がる

    すなお

    帯幅が広がりました♪

     

    できあがり

  •  

すなお

帯幅を変えるだけで、体全体のバランスまで違ってみえますね(^^)/

 

幅出しをした方がいいのはどんな時?

①おめでたい席で着物をきるとき

冒頭でも触れましたが、これは着付け師が実際に現場で使っているテクニックです。帯幅を広げるだけで、帯が豪華に見えてしまうのです。

訪問着や附下を着るときには、帯の幅も工夫してみると一層素敵になりますよ!

 

フォーマル着物の代表格である留袖や振袖に合わせる袋帯は、普通に締めても十分豪華なのですが、幅だしすると一層見栄えがよくなります。

 

②帯の前の柄をしっかり見せたいとき

ポイント柄やお気に入りのモチーフが入っている帯を締めるときは、その部分を主役にしたいですよね♪

そんなときに幅だしをすれば、帯の面積が大きくなる分、帯を目立たせることができますよ。

 

③高身長さんがバランスよく着物を着たいとき

背が高い人が標準の帯幅のまま帯を締めると、なんだかバランスが悪く見えてしまうことがあります。

「じゃあどのくらいの帯幅に広げたらいいの!?」って迷っちゃいますよね。

目安は身長の1割程度(^^)/

すなお

身長170cmの方は、帯幅が17cmになるように折り広げてみてね♪

 

④粋な雰囲気を出したいとき

この写真では、一巻目と二巻目の色が違うので、わざとずらして黒をアクセントにしています。

↓の記事の並行にずらす幅だしを参考にしてください。

帯幅が細すぎる?帯をズラすだけの簡単幅出しのやり方

まとめ

このテクニックを身に着けると…
  • 着物や帯が豪華に見える
  • 帯の面積が大きくなって華やかな雰囲気に
  • 帯幅のバランスがとれるからスタイルよく見える
  • 実際よりも痩せて見える
  • 帯留などのアクセサリーが映える
  • 着物姿が粋になる
  • こなれた着物上級者に!

 

現役着付け師が必ずやっている「幅だし」

ぜひ、ご自分の体型に合わせた最適な幅にして、より一層素敵な着物姿になってくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。