10月6日に初のオフ会「黒留袖の会」を行います!

振袖・浴衣に大活躍! 帯結びの基本「三ツ山ヒダ」のコツ

浴衣で一番定番な帯結びは「お文庫」ですよね。

理想のお文庫についてのツイート

【お文庫結び】

かつては武家女性の結び方でした。

お文庫とは、文箱のこと。

大切なものを入れていた箱の形が、名前の由来です。

だから、お文庫結びをするときは箱のように立体的につくりましょ。

より一層かわいくなるよ。

 

  • 「お文庫がうまく立ち上がらない」
  • 「お文庫のコツが知りたい」

と、教室の生徒さんからよく相談されるのですが、実は「三ツ山ヒダ」さえできれば上手になるんです!

また、振袖の変わり結びにも「三ツ山ヒダ」は必須。

立て矢結び、ふくら雀、お文庫・・・すべて「三ツ山ヒダ」を使った帯結びなんです。

名古屋帯を使った変わり結びも大人気ですが、もちろんこちらも「三ツ山ヒダ」を使っています。

 

ということで、この記事では帯結びの基本中の基本「三ツ山ヒダ」のコツを、誰でもマスターできるようにわかりやすくご説明します!

 

この記事を読むべき人
  • 変わり結びをキレイに仕上げたい人
  • 半幅帯を格好良く締めたい人
  • 帯結びの基本を学びたい人
  • 帯を傷めたくない人
  • 帯結びのレパートリーを増やしたい人
  • お気に入りの帯を可愛く、格好よく結びたい人

①帯幅をキレイに半分に折る

この羽根になる部分で三ツ山ヒダを作っていきます。

 

帯幅の中心で山を作ります。

キレイに半分に折るのがポイント!

帯の幅を半分にしました。

②3つの山の高さを揃える

 

両サイドも折り曲げて、山を3つ作っていきます。

サイドの山は、中心の山の高さに合わせるとキレイな仕上がりに。

 

横から見たとき、3つ山の高さが揃えばパーフェクト!

均等な山が三つできました。

③端まで布目を通す

羽根の根元で3つの山をつくったら、必ず端まで綺麗にたたみます。

すなお

ここが重要ポイント!

あとで羽根を丸くするために大切なひと手間です!

しっかり布目を通しましょう。

このくらいクセがついたらはなまるです!

④裏に重なる部分も一緒に折る

三つ山ヒダをつくって、裏返してみると、こんな風になっているのが理想です。

必ず、内側にくる部分も一緒にたたんでください。

どういうことかというと…悪い例をご紹介します。

×悪い例

内側にくる部分を、表と一緒にたたんであげないと内側がこうなります。

これを表から見ると…

上手にたためていないので整った羽根になりません。

 

いい例

裏返しても美しくなるように内側も一緒にたたみましょう。

 

⑤根元をゴムなどで固定する

ここからは、変わり結びで必要な工程です。

すなお

半幅帯の場合は飛ばしてくださいね~

ゴムなどを使って、「根元で」固定するのがポイントです。

根元からズレると、羽根がグラグラします。

根元で固定すれば羽根は動きにくくなります。

これでできあがり!

このテクニックを使った結びかた「ふくら雀」を名古屋帯でつくるやりかた

簡単・かわいい変わり結び! 「ふくら雀」を名古屋帯でつくるやりかた。

まとめ

このテクニックを身につけると…
  • 変わり結びの仕上がりが劇的に良くなる
  • 半幅帯のお文庫が格好良く決まる
  • 帯が痛まない

三つ山ヒダは、変わり結びや半幅帯、どんな結びかたでも重宝します!

基本をしっかり学んでおけば、美しい帯結びになるのでぜひ練習してみてくださいね♪