10月6日に初のオフ会「黒留袖の会」を行います!

【動画でも解説】伊達衿・重ね衿を誰でも付けられるようになる着付けのコツ

着物姿がパッと華やかになる「伊達衿」

手軽で効果的ですが、キレイに見せるのはなかなか難しいものです。

伊達衿がうまく使えないというご相談は、生徒さんからもツイッターからも頻繁にお聞きします。

 

その時のツイート

【伊達襟のコツ】

  1. ①衿幅を半分に折る
  2. ②左手で衿と伊達襟をつまむ(伊達襟5mm出す。衿と伊達襟を下にピンと張るのがコツ!)
  3. ③右手の人差し指と中指を写真のようにセット
  4. ④右手を下から上に向かってスライド(伊達襟5mm均等に出す)
  5. ⑤左手でつまんでいた部分にコーリンベルトをつける

反対も一緒

このツイートで伊達衿をキレイに出す着付けのコツをお伝えしたのですが、実はまだまだ大事なポイントがあるんです・・・。

ということで、この記事では着物初心者さんでもわかるように、写真をたくさん使って丁寧に解説します。

 

この記事を読むべき人
  • 振袖を自分で着る人、または振袖を着付けしてあげる人
  • おめでたい席に、コーディネートで喜びを表したい人
  • 着物のコーディネートであたたかみを出したい人
  • 襟元に、色のスパイスを入れたい
  • 伊達衿を使ってみたいけどやり方がよくわからない人
  • 伊達衿をつけると、着物の衿が開いてきてしまう人
  • 伊達衿が太く出すぎたり出なかったり、左右対称にならない人

youtube動画で確認する

バチ衿の重ね衿バージョン

広衿の重ね衿バージョン

①まずはじめに衿幅を半分に折る

着物の右の衿を半分に折りましょう。

すなお

バチ衿(衿幅が半分に縫われているタイプ)の場合はそのままで OK!

 

わざと衿幅を広げて華奢に見せるテクニックは着物の衿幅を広げる2ステップで解説しています。

 

②着物の衿と伊達衿を一緒に持ってピンと張る

左手で、着物の衿と伊達衿を一緒に持ちます。

もつ場所はあばら骨あたり

すなお

着物の衿も、伊達衿も、ピンと張るように下げるのがポイント!

 

 

③右手で着物の衿と伊達衿をしごく

右手を使って、伊達衿が出る幅を均一にしていきます。

すなお

伊達衿は5mm出すのがベストです。

左手はあばら骨あたりを持ったまま、右手の人差し指と中指を着物の衿と伊達衿に軽く入れます。

 

すなお

お分かりいただけるでしょうか?

  • 中指は、伊達衿の内側
  • 人差し指は、着物の衿と伊達衿の間
  • 親指は着物の衿の外側

この手の形をキープしながら、上に向かってスライドしていきます。

  • 1
     

  • 2
      
  • 3
     
  • これで伊達衿の幅が均一になります♪
  •  

④コーリンベルトの金具は2枚一緒に挟む

左手で持っていた部分に、コーリンベルトの金具を挟みます。

着物の衿も、伊達衿も下に向かってぴんと張るように意識してください。

着物の衿と伊達衿とを、2枚一緒に挟みましょう。

すなお

コーリンベルトの金具をつけるときのコツは、伊達衿を5mmずらすこと!

 

これで、伊達衿を均一に出したままキープできます♪

着物の衿が広がる心配もありません(^^)/

⑤コーリンベルトを反対側に回す

コーリンベルトの金具を付けたら、左脇の穴(みやつ口)から後ろ側に通します。

コーリンベルトがねじれないように注意しましょう。

コーリンベルトの詳しい使い方は▶衿が崩れる方必見!着物の衿合わせで美しい角度をキープする着付けのコツをご覧ください。

このようにチョキの手で挟めば、右手が自由に使えます(^^)/

体の右側に回してきたコーリンベルトの金具は、人差し指と中指で挟みます。

⑥着物の衿と伊達衿をピンと張る

左の衿と伊達衿を、右手で一緒につかみます。

すなお

下に向かってぴんと張るように意識しましょう。場所はあばら骨のあたりで。

⑦左手で着物の衿と伊達衿をしごく

右手はあばら骨あたりを持ったまま、左手を使って伊達衿の幅を均一に出していきます。

すなお

やりかたは右衿のときと一緒!

  • 中指は、伊達衿の内側。
  • 人差し指は、着物の衿と伊達衿の間。
  • 親指は着物の衿の外側。

この手の形をキープしたまま、上に向かってスライドします。

  • 1
      
  • 2
      
  • 3
     
  • 4

    すなお

    首の横は、長襦袢と着物の衿と伊達衿と、すべて同じ高さに揃えるとキレイです。

 

⑧コーリンベルトの金具をつける

右手で挟んでいたコーリンベルトの金具をつけます!

すなお

あと少しで完成♪

左手で着物の衿と伊達衿をつまんで、そこにコーリンベルトの金具をつけてください。

チョキの手のままサクッと挟みましょう。

この時も、右衿のときと同様、伊達衿が5mm出るようにずらすことがポイント。

下に向かってぴんと張るのも忘れずに♪

 

できあがり

 

まとめ

伊達衿をつけるときの最大のポイントは、

  1. 下に向かってピンと張ること
  2. 着物の衿と伊達衿を5mmずらしてコーリンベルトをとめること
このテクニックを身に着けると…
  • 伊達衿が均一にスッキリと出せる
  • 着物の衿が広がってこない
  • 衿元がすっきりする
  • 衿が動かずにピタッと体に沿う
  • 着物のコーディネートの幅が広がる
  • 何か物足りないときに、手軽にワンポイント入れられる

伊達衿は色の種類がたくさん!

「2色重なっているもの」、「ラメ入り」など、種類が豊富なので、ぜひこの機会に付け方をマスターして、イメチェンを楽しんでみてください♪